篠原由香利(江戸風鈴職人)の経歴やお店の場所は?旦那や年収も調査!

8月15日放送の関西テレビの「セブンルール」江戸風鈴職人の「篠原由香利」さんが出演します。

篠原さんは100年以上続く「篠原風鈴本舗」というお店の4代目を務めている方です。

篠原さんの風鈴は一つ一つが手作りで、同じ形で同じ模様でも、異なる音が鳴るといいます。

そんな江戸風鈴を作る職人の篠原さんについて調べてまとめてみました!

スポンサードリンク

1.篠原由香利さんの経歴

まずは簡単にプロフィールをどうぞ!

  • 名前:篠原由香利(しのはら ゆかり)
  • 年齢:36〜37歳(1981年生まれ)
  • 出身地:東京都

受賞歴

  • 2011年:第7回東京伝統工芸品チャレンジ大賞・奨励賞
  • 2013年:第30回江戸川伝統工芸展・教育委員会賞

大学卒業後に父親の篠原裕さんに師事し、風鈴作りの世界に入ったそうです。

由香利さんは3姉妹の長女だそうで、小学6年生の頃から風鈴作りの絵付けを手伝っていたのだとか。

ですが、大学生時代までは職人になりたいとは、特に思っていなかったそうなんです。

将来は「定時に終わって、土日が休みの仕事」をすると決めていたとか。

しかし就職活動中に、思うところがあり風鈴職人の道に進んだのだそうです。

でもやはり日曜は休みたいのか、篠原風鈴本舗は日曜日が定休日みたいですね(笑)

2011年に賞を受賞した作品がコチラ!

「東京ーあけぼのーたそがれ」

従来の風鈴のイメージを覆すような、斬新かつ洗練されたデザインですね!

こういう伝統的ながら現代的なデザインのものがどんどん増えてほしいところです。

2.お店の場所

篠原さんのお店の場所は「東京都江戸川区南篠崎街4-22-5」にあります。

名前は「篠原風鈴本舗」で、公式ホームページもあります。

創業は大正4年で、103年の歴史を誇る工房となっています。

風鈴作りの体験もできるようなので、興味のある方はぜひ行ってみてください!

また篠原さんの風鈴は、上記の公式ホームページや、下記の「えどコレ!マイスター」という江戸川区の名産品情報サイトの、篠原さんの特集ページからも購入できます。

3.旦那さんは?結婚はしている?

調べてみたところ、篠原さんはすでにご結婚なされているようです。

旦那さんの名前は「公孝」さんというそうで、もともとは違う職業をなさっていた方だったのですが、江戸風鈴に魅せられ篠原家に婿入りし、現在は夫婦で風鈴作りに勤しんでいるのだとか。

現在は、旦那さんがガラスを吹いて風鈴の形を作り、篠原さんが絵付けを担当しているようですね。

お二人の馴れ初めはライブ会場での出会いだったそうです。

なんと二人ともロック好きなんだそうで、それが乗じてドクロ柄の風鈴を作ったりもしたことがあるとか。

仲睦まじそうなご夫婦でうらやましい限りですね!

4.年収は?

篠原さんのような職人さんの年収は、いったいどのくらいになるのでしょうか?

当然公表はしていないので予想してみます!

ガラス細工の職人さんの平均年収は約300万円と言われているので、だいたい同じくらいはあると思います。

篠原さんの江戸風鈴は、普通のガラス製品などよりも少々値段が高めなので、もう少し増えて約400万円くらいでしょうかね。

現在は海外からも風鈴を仕入れたいというお話があるそうなので、これからもっと収入が増えていきそうな予感がします!

5.まとめ

江戸風鈴職人の「篠原由香利」さんについてまとめました。

伝統を守りつつも、現代的なデザインを取り入れて、新しい風鈴の世界を作り上げていってほしいですね!

エアコンなどで涼しくなるだけでなく、目と耳でも涼しさを感じられる江戸風鈴を皆さん手にとってみてください!

では今回はこの辺で失礼します!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です