【PS4】グウェント ウィッチャーカードゲーム プレイしました!

どうもSIONです。

先日も記事を書いた「グウェント ウィッチャーカードゲーム」の配信が開始されました。

早速ダウンロードしてプレイしてみたので、感想などまとめてみたいと思います。

グウェントについてはこちらの過去記事を参照して下さい。

http://yawakata-labo.com/witcher3-gwent/

スポンサードリンク

1.チュートリアルから開始

始めに丁寧なチュートリアルがありました。

「ウィッチャー3」本編のグウェントとは少しルールが違っているからでしょうね。

ですが、そこまで大きな違いは無いので、ウィッチャー3でグウェントをやっていた人なら、すぐに理解して進んでいけるでしょう。

チュートリアルは「ゲラルト」と「シリ」の勝負形式で行われるのですが、ほぼフルボイスでビックリしました。

ゲーム本編同様、細かいところまでしっかりボイスが当てられているのは流石ですね。

そしてもう一つ驚いた事が、カードがアニメーションで動いているのです!

カードをフィールドに出した時など、カードの中でキャラが動く上に、カードごとに喋ったりします。

なんだかハリーポッターの世界のようでワクワクしました!

2.基本は変わらないが…カードの効果が増えている!

基本的な戦略は変わっていないように思いますが、各カードに色々と効果が付いているものが増えています。

ウィッチャー3本編では無かったカードの効果をいくつか挙げてみますと、相手のカードの数字(戦力)を直接攻撃して減らすものや、その攻撃に対してアーマーと呼ばれる防御力を持つもの、味方のアーマー分攻撃力が上がるものなどが存在しました。

もちろん、同じユニットのカードを強化したりするカードや、「おとり」などのお馴染みのスペシャルカードも存在します。

また「ゲラルト」などのいわゆるヒーローカードも、ゴールドカードと名前を変えて存在します。

本編同様に様々な特殊効果に耐性があるカードとなっていました。

3.最初からシングルプレイも出来る!

シングルプレイモードは後日搭載なのかと思っていましたが、最初からAIとのシングルプレイも楽しめます。

新しいルールに慣れる為にも、シングルプレイで練習するのが良いですね。

もちろんマルチプレイも出来ますので、慣れてきたら世界の人と戦いましょう!

4.カード集め

カードはゲーム内通貨で購入したり、不要なカードを消費して生成したり出来ます。

各カードにはデッキに組み込める枚数が決まっているので、不要な分は他のカードにできるというわけですね。

また、最初から各勢力ごとのスターターデッキが用意されているので、課金しなくても結構な戦略の幅が楽しめます。

5.最後に

ウィッチャー3本編でのグウェントのクオリティも凄いものでしたが、独立したゲームになってのクオリティも流石といったところでした!

今後どんどんアップデートされていくでしょうし、シングルプレイ用のシナリオの配信も予定されているので、これからが楽しみなゲームですね。

僕はPS4でプレイしていますがXbox OneとPC版もありますので、興味のある方はお手持ちの環境に合わせてプレイしてみてください。

基本プレイは無料ですし。

では今回はこの辺で失礼します!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です