江崎鉄磨議員の経歴や評判は?学歴や父親と家族についても調査!

安倍内閣の改造を8月3日に控え、入閣予定の方が続々発表されています。

その中の「沖縄・保方担当大臣」として「江崎鉄磨」議員が初入閣に内定しました。

今回、初入閣ということで、江崎議員がどんな方なのか経歴や評判を調べてみました。

出身高校や大学などの学歴、家族についてもまとめていきます。

スポンサードリンク

1.江崎鉄磨議員の経歴、プロフィール

まずは簡単にプロフィールを紹介です。

  • 名前:江崎鉄磨(えさき てつま)
  • 生年月日:1943年9月17日(現在73歳)
  • 出身地:愛知県一宮市

過去には国交副大臣を担当していた方です。

1993年に愛知第3区から初当選し、1998年の自民党結成にも参加しています。

数少ない純粋な自民党議員というわけです。

現在73歳となかなか高齢で、今回入閣に際して年齢を心配する声もあるようです。

また少々面白い経歴があり、1967年から宗道臣(少林寺拳法の開祖)の秘書を務めていたことがあります。

自身も少林寺拳法4段の実力者のようです。

その他現在の役職を公式ページより載せさせていただきます。

衆議院消費者問題に関する特別委員会 委員長
自由民主党 交通安全対策特別委員長
自由民主党 国土強靭化総合調査会 副会長
自由民主党 地方創生実行統合本部 常任幹事
公益財団法人日本武道館 役員
学校法人一宮女学園 理事
愛知県なぎなた連盟 会長
一宮サッカー連盟 会長

江崎鉄磨オフィシャルページより引用

2.学歴

江崎議員の高校や大学について調べてみました。

江崎議員は1962年に「愛知県立一宮高校」を卒業。

その後「立教大学文学部教育学科」に入学、1967年に卒業しています。

教育学部卒業ということは、教職に就こうと考えた時もあったのでしょうかね。

3.父親や家族について

江崎議員の父親や家族のことを調べてみました。

父親は元通産省大臣の江崎真澄氏です。

鉄磨氏は1971年から父・真澄氏の秘書をしていた時期もありました。

妻・阿紀子さんは、第一製パングループ創業者の細貝義雄さんの娘です。

ご家族は奥様のみで、お子さんはいないとのことです。

4.江崎議員の評判は?

江崎議員がどんな方なのか評判を調べてみました。

すると過去に、江崎議員が代表であった党支部に、名古屋の食肉大手「フジチク」グループなどから、2001年に計24万円の政治献金を受けていたことがあったようです。

「フジチク」グループは会長らがBSE関連の牛肉偽装で逮捕されています。

そういった不祥事があったにも関わらず、あまり悪い評判は聞きません。

今は静かなだけで、入閣後に色々と騒がしくなるかもしれないですね。

5.まとめ

今回初入閣となる「江崎鉄磨」議員についてまとめてみました。

願わくば何の問題も起こさず、大臣を務めて欲しいものです。

前の沖縄・北方担当大臣の鶴保庸介氏は、「土人」発言や女性スキャンダルが取り沙汰されてしまいましたからね。

年齢的に女性スキャンダルはないでしょうが、言葉には気をつけて発言するようにしていって欲しいですね。

では今回はこの辺で失礼します!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です