西田隆裕裁判長の過去の判例を調査!橋下徹氏の裁判も担当していた!

どうも皆さんSIONです。

朝鮮学校無償化の判決を下した、大阪地裁の「西田隆裕」裁判長。

今回異例の判決となり、かなり話題になっています!

朝鮮学校無償化と「西田隆裕」裁判長の経歴はコチラからどうぞ!

そんな西田裁判長が、過去にどんな判決を下してきたのか調べてみました!

その結果、幾つかの判例と橋下徹氏の裁判の判例を見つけられました!

また、今回の朝鮮学校無償化についてのコメントがあったので、一緒ににまとめていきます。

スポンサードリンク

1.朝鮮学校無償化について

西田裁判長は今回の朝鮮学校無償化の判決について、次のようにコメントしています。

「無償化に関する法律を朝鮮学校に適用することは拉致問題の解決の妨げになり、国民の理解が得られないという外交的、政治的意見に基づいて対象から排除したと認められ、法律の趣旨を逸脱し、違法で無効だ」

また「国の対応が違法、無償化は義務」ともコメントしています。

「国の対応が違法」とはまた随分と強気な発言ですね!

自分の下した判決に自信があるからなのでしょうかね。

言っている事は正しいようにも思えますが、拉致問題などと絡めてしまっては、また別の問題が出てしまうように思います。

裁判官なのですから、もう少し慎重に発言して欲しいところですが、考えあってのことなのでしょうか。

2.過去の判例

西田裁判長の過去の判例はどうだったのか調べてみることにしました!

Twitterで載せてくれている方がいたので、引用させていただきました。

これまでの判例を見ると、やや「左翼的」な印象を受ける裁判官ですね。

それでも裁判官としてこれまでやってきたのですから、実力かもしくは相当のコネがあったのでしょうか。

3.橋下徹氏の裁判

西田裁判長は、橋下徹前大阪市長の裁判を2件ほど担当していたようです。

その時のニュースへのリンクは以下からどうぞ!

出自記事で橋下氏が新潮社に敗訴 大阪地裁

橋下氏庁内メールは公文書 非公開取り消し

橋下徹氏がプライバシーの侵害を訴えて敗訴した時の裁判ですね。

こちらも異例の判決だったと言ってよいのではないでしょうか。

ネット上では「この判決を出した裁判官だったのか」という声も上がっていますね。

4.まとめ

西田隆裕裁判長が、過去にどんな判決を下していたのか調べてみました。

西田裁判長はどんなことを思って判決を下しているのでしょう?

過去の判例から言って、正直左翼的なのは否定できないと思います。

税日朝鮮人の噂も、噂ではないのかもしれませんね。

では今回はこの辺で失礼します!

スポンサードリンク

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です