西部邁(にしべすすむ)の入水自殺は病気が原因?手袋の理由と現場はどこ?

※追記あり

評論家の「西部邁」さんが入水自殺をしたと速報が入りましたね。

西部さんといえば保守派の評論家。

なんと言うか、らしいといえばらしい最期ではあると思うのは僕だけではないはずです。

現在まだ発表が少ないので、自殺の理由や現場について調べてみることにしました。

スポンサードリンク

1.ニュース内容

21日午前6時40分ごろ、東京都大田区の多摩川河川敷で、通行人から「男性が川に飛び込んだようだ」と110番通報があった。駆けつけた警視庁田園調布署が男性を救助し、病院に搬送したもののまもなく死亡が確認された。

同署によると、死亡したのは評論家の西部邁(すすむ)さん(78)。目撃情報などから自殺とみられ、同署で当時の状況を調べている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000512-san-soci

2.自殺の理由は?

現在、西部さんの自殺理由について様々な憶測が飛んでいる状態です。

西部さんは2014年頃から手袋を着用するようになりました。

これは本人曰く「体の調子があまり良くないので」とのことで着用していたそうです。

何かの病気だったのか調べてみると、雑誌「表現者」の2013年5月号の中で、自身が喉頭がんであることに触れていたのだとか。

これが完治したのかなどの情報も特にないので、病気が進行し続けていた可能性もあります。

また、西部さんは2014年3月17日に奥さんを亡くしていました。

その後からめっきり元気が無くなったとも言われていて、これも原因の一つではないかと言う人が多いです。

去年、桜チャンネルの対談で、自殺をほのめかすような発言もしていたと言います。

色々考えうることは多いですが、彼のような人ですから遺書が発見されるかもしれません.

続報を待つことにしましょう。

追記

現場付近で遺書のようなものが発見されたそうです。

内容はまだ明らかにはなっていませんが、これで自殺と断定されることになりますね。

3.現場はどこ?

西部さんが自殺した現場がどこなのか調べてみました。

「大田区の多摩川河川敷」とのことですが、田園調布署の警察が駆けつけていることから、おそらく以下の場所だと思われます。

上記地図の川沿いの範囲のあたりで、自殺を試みたのではないかと思われます。

「男性が川に飛び込んだようだ」と通報があったそうなので、以下の画像の「丸子橋」から飛び降りたのかもしれません。

追記

現場について情報が明らかになりました。

現場は、東急東横線多摩川駅から西に約600mの野球のグラウンドやサッカー場などがある河川敷付近とのこと。

上記地図の「多摩川丸子橋硬式野球場」の辺りということでしょう。

4.まとめ

西部邁さんの自殺について調べてみました。

まだ不明な点が多いので随時情報を追加していきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です