スーパームーン2017は12月4日何時何分から?方角と無料撮影アプリも紹介

月が最も大きく見える「スーパームーン」

今年2017年でみる事ができるのは、12月4日が最後となりましたね。

幸い天気も悪く無い!という事で何時にみられるのか、時間と方角を調べてみました。

また、せっかくなので撮影したい!という人のための無料アプリも紹介しますよ!

スポンサードリンク

1.スーパームーンの時間と方角は?


スーパームーンとは地球と月が最も距離が縮まった時と、満月または新月が重なり大きく見える状態の事。

新月だと細くて実際に目で見るのは無理ですけどね。

今年最後の12月4日(3日の深夜)は満月になるので、よく見えるはずです!

という事で見えるようになる時間(満月になる時間)はというと、4日に日付が変わってすぐの0時47分からとなっています。

方角は南の空になりますね。

この時間から満月となりますが、最大の大きさになるのはまだ先です。

大きさが最大になるのは、4日の夕方17時46分頃との事!

方角は東の空になっています。

満月になり始めの時とは方角が違うのでお気をつけて下さいね。

2.撮影アプリはこれを使え!

今年最後のスーパームーンという事で、是非とも撮影しておきたいところ!

インスタ映えもしますしね。

ですが、スマホのカメラをそのまま使ったのではあんまり綺麗に撮れないですよね。

という事で、無料で使える夜用撮影アプリを紹介します!

それがこの「夜撮アプリ」!(ダウンロードは以下よりどうぞ!)

○iPhone用

○Android

夜景特有のノイズを取り除き、綺麗に撮影できるアプリです。

しかし無料なので少々欠点もあり、ズームができません。

なので、ズームは双眼鏡などを使って自力でやりましょう!

手順としては、

  1. 双眼鏡で月を覗き、位置やピントを合わせる
  2. 双眼鏡を動かさないように気をつけながら、スマホのカメラと双眼鏡の片側を重ねる
  3. 「AE/AFロック」をかけ、明るさを少しさげて、連写モードで撮影

双眼鏡越しなので、多少ずれることも考えて連写モードがお勧めです。

寒くて手が震えるかもしれませんしね(^^;)

たくさん撮れば、いくつかは綺麗なものが撮れると思いますよ。

3.まとめ

スーパームーンを見るための時間と方角、撮影用のアプリをご紹介しました。

3日の深夜に見る余裕が無いという人は、4日の夕方を狙うのが良さそうです。

12月で早くから暗くなるのも好条件ですね!

2017年最後のスーパームーン、是非とも見逃さないようにしましょう!

スポンサードリンク

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です