大谷翔平はエンゼルスと何年契約?年俸や契約金1年目の25歳ルールとは?

今や破竹の勢いというべきエンゼルスの「大谷翔平」選手!

メジャーでここまで活躍している日本人選手というのは、彼が初めてではないでしょうか!?

あのイチロー選手が「信じられない」とコメントを出すほどですから、我々一般ピーポーは本当にただただスゴイというしかありません(笑)

二刀流でこのまま突っ走るのか、投打のどちらかに絞るのか…

大谷選手の活躍から目が離せないです!

とここで…

現在契約しているエンゼルスとの契約が、どういう条件になっているのかが気になってきました!

だってここまで活躍しているんですから、そりゃ年俸とか気になるってものですよ(^^)

というわけで、大谷選手の契約についてゴッソリまとめます!

スポンサードリンク

1.大谷翔平選手とエンゼルスの契約年数は?

まず「大谷選手が何年契約をエンゼルスと結んでいるのか?」という事からいきたいと思います。

なぜかというと、僕が調べても良い検索結果がなかったので…(^^;)

年俸がいくらかなども気になりますが、エンゼルスといつまで契約しているのかも気になりますもんね!

結論からいくと”1年契約”です!

シーズン数でいうと6シーズンですね。

現在の大谷選手はアクティブ・ロースター(一軍ベンチ枠的な存在)で、エンゼルスが解雇したりウェーバー(契約放棄)しない限りは、エンゼルスの保有する選手となります。

1年契約後はFA(フリーエージェント)申請もできますが、大谷選手の実力から言ってエンゼルスが引き止めるでしょう(^^)

大谷選手はストイックに野球に打ち込んでいますので、実力向上のためにいろんな球団を見て回りたいと言い出すかもしれませんがね。

2.年俸と契約金はいくら?

さぁでは大谷選手の年俸と契約金を見ていきましょう!

まずは契約にあたって支払われた「契約金」から。

これはAP通信により昨年報じられており、231万5000ドルだったとの事!

日本円にすると約2億6620万円という事で、我々一般人にとっては生涯年収に近い金額です…!

そして「年俸」ですが、1年目は54万5000ドルと言われています。

こちらは日本円にして約5720万円ほどになりますね。

契約金と年俸合わせて約3億円超…

サラリーマンには考えられない金額ですが、「えっ安くない!?」って思う人もいるかもしれません。

それもそのはず、あの田中将大選手がヤンキースに入団した際は、7年契約で1億5500万ドルが支払われていますから!

アメリカ人記者曰く「交渉次第でメジャートップ10入りする提示があってもおかしくなかった」と言われています。

他にもアメリカでは「大谷はバーゲンだ」とも言われていますね。

なぜ大谷選手の契約金が安いのか、理由は次の項目で説明しますよ〜。

3.25歳ルール(新労使協定)って何?

大谷選手の実力から言って、超が付くほどの金額が動いてもおかしくなかったわけですが、結果としてバーゲンと言われるほどの安値で契約となりました。

その理由が何かと言うと、メジャーで新しくできた「新労使協定」というものが影響しています!

通称「25歳ルール」とも言われているものですね。

その呼び名の通り、25歳以下の選手に対しての契約金額等を制限し、また1年目はマイナー契約になるというルールです。

金額の上限は球団によって異なりますが、エンゼルスは231万5000ドルとなっており、大谷選手には上限いっぱいの額を支払ったことになります。

金額が制限されるようになった理由は「各球団の戦力不均等を防ぐため」です!

やはり球団ごとに懐具合は違うので、悪い言い方をすると”金にものを言わせる”ことができる球団もあるわけで…(^^;)

そう言った事情を考慮して生まれたのがこの25歳ルール。

田中選手などに比べてかなり破格の金額で契約となった大谷選手を、アメリカでは「敗者」と言う声があります。

実際かなり安いのは否めませんが、大谷選手曰く「僕には関係ない」との事!

特にお金にこだわると言うタイプではなく、ストイックな野球感をもっている大谷選手ならではですね〜(^^)

また、大谷選手の希望としては「アメリカ西海岸の中規模都市」「日本人選手がいない」と言うことが条件でしたから、ロサンゼルスのエンゼルスと契約をしたのでしょう。

ニューヨークのヤンキースは資金面が抜群ですが、これらの条件で蹴られてしまうことになったわけです。

4.まとめ

エンゼルスの大谷翔平選手の契約内容についてまとめてみました!

おさらいすると大谷選手は、

  • 2018年現在エンゼルスと1年契約(マイナー契約)
  • 契約金は231万5000ドル(約2億6620万円)
  • 年俸は54万5000ドル(約5720万円)
  • 金額が安いのは新労使協定(25歳ルール)の影響

と言うことでした!

契約金が安いとか大谷はバーゲンとか言われても、僕らにとってはとんでもない金額なのは変わりませんけどね(笑)

一度くらい目にして見たい金額ではありますが、なんの取り柄もない僕にはむりぽorz

当の大谷選手はお金とかどうでも良いんでしょうけど、周りはやっぱり騒ぎたくなるもんですね。

では、ここまでお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です