望月新一教授の経歴や学歴は?海外評価やビットコインの開発者の噂は本当?

数学のABC予想を証明した人物として「望月新一」教授が話題になっています!

ABC予想の証明は、今世紀における数学界最大の偉業とも言われていますね。

フェルマーの最終定理やポアンカレ予想と並ぶほどの凄さだとか。

ただアホな僕はABC予想ってなんなん?って感じで…

調べてみましたが、なるほど分からんって感想しか出てきませんでした(^^;)

理系の友達に聞いたら,もの凄すぎて表現できないくらいヤバイらしいです。

本当はABC予想を分かりやすく解説!って記事を書きたいところだったのですが、アホを露呈しそうなので、望月新一教授の方を調べてみる事にしました!

スポンサードリンク

1.望月新一教授の経歴・プロフィール

  • 名前:望月新一(もちづき しんいち)
  • 生年月日:1969年3月29日
  • 年齢:48歳
  • 出身地:東京都
  • 職業:京都大学教授

望月教授は東京都出身の数学者ですが、お父様の仕事の関係で5歳の時に日本を離れ、それ以降中学時代に1年間日本に戻った以外はアメリカのニューヨークで育っています。

そのため本籍は世田谷区にあるそうですよ。

なんだか急に親しみやすい距離感になりました。

現在は京都大学の教授を務めていらっしゃいますが、日本に戻ってきた当初は日本語が苦手だったそうです。

5歳からアメリカ暮らしじゃ無理もないですよね。

学歴については次で触れますが、飛び級しながら大学卒業、博士課程修了などまさしく天才という言葉がぴったりな人物です!

専門は「数論幾何学」「遠アーベル幾何学」との事なんですが、調べてみても僕にはさっぱりでしたorz

分かる人には分かるんですよねコレ…

僕には難しいなぁ、凄いなぁって感想しか出てきません(^^;)

ちなみに望月教授、英語の履歴書に「独身」と書いてあるそうなので、奥様やお子さんはいらっしゃらないようです。

数学一筋ってタイプの人なんでしょうね。

2.学歴や出身校と現在

学歴と出身高校・大学

望月教授の学歴を簡単にまとめていきます。

  • フィリップス・エクセター・アカデミーに2年間在学
  • その後、16歳でプリンストン大学に進学
  • 19歳で学士過程を卒業
  • 23歳で博士課程を修了しPh.D.を取得

「フィリップス・エクセター・アカデミー」はアメリカの中等教育機関で、日本で言うところの高校に当たります。

極めて優秀な卒業生を輩出している学校で、主にハーヴァード大学やコロンビア大学、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学と言った、いわゆる超一流大学への進学者が多いそうです。

そして見て分かるとおり、望月教授は16歳の時には大学に進学していますから、この時点でかなりの天才ぶりだったことが分かりますね。

またおそらく、フィリップス・エクセター・アカデミーに在学する前に、一時的に日本に帰国していたのでしょう。

大学はニュージャージー州にある「プリンストン大学」に進学しています。

この大学は、物理学や数学の分野で世界トップクラスの研究を行なっている大学だそうですよ!

ノーベル賞受賞者も41人も輩出していますし、若い優れた数学者に送られる「フィールズ賞」受賞者も14人輩出しています。

この大学でPh.D.過程に在籍していた際、ゲルト・ファルティングスさんという大学教授に指導を受けていました。

この方もフィールズ賞の受賞者でもあります。

ちなみに、Ph.D.とは英語圏の博士水準の学位の事です。

現在まで

望月教授は博士課程終了後、日本へ帰国し京都大学に採用されます。

この時は23歳で京都大学数理解析研究所助手として採用されていました。

その後27歳の時には同助教授になり、そして32歳の若さで現在の教授にまで昇格しているのです。

いやはや出世の速度も半端ではありません。

やはり、それだけ優秀な人物ということでしょう。

ちなみに、望月教授が今回証明された「ABC予想」を発表したのは2012年8月30日の事でした。

この時すでに望月教授は43歳でしたので、40歳以下の研究者が対象のフィールズ賞は受賞しないでしょうね。

今世紀最大の偉業なら何か賞が送られるとは思いますけど。

それにしても、ずいぶん早くこの証明の正否が判断されたみたいです。

もっと何年もかかると言われていたそうですからね。

3.海外での評価は?

望月教授の海外からの評価はというと、やはり良いようですね!

今回の事についても世界的な数学誌で取り上げられるそうですから、やはり世界的に凄い事なんでしょう。

また、望月教授は今回の「ABC予想」に当たって、新しい数学的手法「宇宙際タイヒミューラー理論」というものを構築しています。

この理論を使って今回の証明がなされているそうです。

こちらも僕にとってはなんのことやらなんですが、この手法も世界的に理解者がおり、その中には海外の有名大学の教授もいます。

日本にも何人かいらっしゃいますね。

今まで証明されてこなかったものを証明するような理論ですから、こちらも本当に難しいものなんでしょう。

これを理解しているのは、人類のうちの十数人とも言われています。

こうして報道されても凄さにピンとこないあたり、やっぱり一般人に天才の事は理解できないのかもしれませんね。

もう少し一般向けに分かりやすくなると、凄いなぁ以外の感想が言えるんですけど(^^;)

4.ビットコインの開発者なの?

そんな望月教授なんですが、なんと仮想通貨「ビットコイン」の開発者という噂があります。

ビットコインの開発者は4〜5人で、その中に「中本哲史(ナカモト サトシ)」という人物がいるのです。

この人物については名前以外よく分かっていません。

そして、その「サトシ ナカモト」の正体が「望月新一」だ!とYouTubeでいったのが、アメリカの社会学者・コンピューター学者のテッド・ネルソン氏。

2013年に公開された↓の動画は、11万再生もされています。

他に理由としてあげられているのが、ビットコインの原論文が望月教授の論文と似ているという事。

ただし、望月教授はこれに対して何も反応していませんので、真実は不明のままですが…

今や世界的な仮想通貨で、結構生活の中でもよく聞く単語になってきたのに、開発者の情報がこれだけっていうのが驚きですよね。

今回のABC予想の証明で、さらにまたこのビットコイン開発者についての可能性が高まるのかもしれませんね。

5.まとめ

ABC予想の証明をした「望月新一」教授についてまとめてみました。

いかに凄い人物かは分かりましたが、いかんせん僕が無知なので、その凄さをちゃんと伝えられないのが歯がゆいばかりです。

専門的な分野でもあるので、その世界の人たちには凄さが伝わっているのでしょうけどね。

今後のさらなる数学界の発展に貢献していく人物だと思いますので、これからのご活躍も楽しみにしています!

では、ここまでお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です