小林麻央さんが6月22日に死去、乳がんと闘病中もブログ更新絶やさず

どうも皆さんSIONです。

キャスターで乳がんを公表していた「小林麻央」さんが22日夜に亡くなっていたことが分かりました。

享年34歳という若さです。

夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは、23日の朝にブログで「人生で一番泣いた日です」という内容の更新をしました。

乳がんと公表してから約一年間、こまめにブログを更新していた麻央さん。

更新回数は357回にもなり、亡くなる数日まえまで更新をしていました。

ご冥福をお祈りすると共に、お亡くなりになった真央さんの経歴、闘病生活、ブログなどについてまとめたいと思います。

スポンサードリンク

1.小林麻央さんの経歴

小林麻央さんは1982年7月21日生まれ、小林は旧姓で戸籍上の苗字は堀越です。

姉にフリーサナウンサーの小林麻耶さんがいます。

2010年1月29日に市川海老蔵さんと結婚し、2011年7月25日に長女の麗禾(れいか)ちゃんを出産、2013年3月22日に長男の勸玄(かんげん)くんを出産していました。

真央さんは去年6月9日に乳がんを患っていることを公表しましたが、乳がんの告知を受けたのは2014年10月のことで、この時点でかなり深刻な状態であったと言います。

夫の海老蔵さんも「早かったら去年3、4、5月あたりでダメだった」と去年10月に言ってたそうで、いかに奇跡的な状況であったかが分かります。

2017年5月29日より在宅治療へと切り替えていた真央さん。

6月21日まで元気に過ごしていたとのことですが、22日夜に容態が急変しお亡くなりになりました。

2.更新し続けたブログ

真央さんは2016年9月1日にブログ「KOKORO.」を開設し、闘病の様子や2人のお子さんとの様子、乳がんと判明した時の事などを、赤裸々に綴っていました。

写真付きであげられたブログの中には、苦しそうな様子がうかがえるようなものもあり、ありのままの姿を見せるブログは、とても大きな反響を呼びました。

真央さんは「大きくなった子供達に何か残したい」という気持ちで始めたブログ。

その内容ががん患者のみならず、多くの人に希望を与えたということで2016年11月21日、英国放送協会(BBC)の選ぶ「今年の女性100人」に選ばれていました。

最後の更新は6月20日の「オレンジジュース」と題した記事でした。

3.夫・市川海老蔵さん

海老蔵さんは、真央さんがお亡くなりになった翌日である23日にも公演をしており、朝のブログ更新では「人生で一番泣いた日」という内容を、その後は「なるべくいつも通りに」というブログを更新しています。

公演の合間に会見を開き、真央さんの最後の様子を語ると共に、報道陣の質問に答えました。

海老蔵さんは22日も公演があり、容態が急変した知らせを受けて、自宅に急ぎ真央さんの最期に間に合うことができたとの事。

真央さんはご家族全員に看取られ、最期に海老蔵さんに「愛してる」と言って旅立たれたそうです。

この会見の後にも公演を行う予定の海老蔵さん。

人目を気にせず泣くことも許される状況であるのに、強い方ですね。

役者としてしっかり公演することが、真央さんへの手向けということなのでしょうか。

4.子供達と前を向いて

小林麻央さんの訃報についてまとめました。

これから海老蔵さんは、息子の勸玄くんの稽古もしてくことになります。

真央さんがその姿を見ることができないのが、何よりも残念でしょうが、天国の真央さんに立派な姿を見せてあげて欲しいですね。

最後に、真央さん闘病お疲れさまでした。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です