拘留孫(くるそん)そば屋の場所や行き方と営業日や時間は?【人生の楽園】

どうもSIONです。

2017年10月7日に放送されるテレビ朝日「人生の楽園」で、三重県の蕎麦屋「山里乃蕎麦家・拘留孫(くるそん)」を営むご夫婦が紹介されます。

お蕎麦屋さんを始めたのは2年前、蕎麦を打つご主人は元役場職員だそうで、なぜ蕎麦屋を始める事になったのか、気になったので調べてみる事にしました!

この蕎麦屋の場所や営業日や営業時間、アクセス方法もご紹介していきますよ!

スポンサードリンク

1.「山里乃蕎麦家・拘留孫(くるそん)」とご夫婦について

「山里乃蕎麦家・拘留孫(くるそん)」は三重県いなべ市にあるお蕎麦屋さんです。

いなべ市は三重県内で蕎麦の生産量が一番なのだそうですよ。

そしてこの蕎麦屋を営むのが、松下裕康さん(62歳)と清子さん(60歳)のご夫婦です。

ご主人の裕康さんは元々このいなべ市出身で、高校卒業後にいなべ市の役場に就職。

25歳の時、看護師だった清子さんと結婚して、2人のお子さんもいらっしゃいます。

裕康さんは約10年前の52歳の時からそば打ちを始めました。

きっかけは、いなべ市が休耕田活用の為に蕎麦栽培を推奨し、市役所にそば打ち同好会を創設した事で、裕康さんもその同好会に参加したからでした。

休耕田活用というのは、使われてない畑や田んぼをどうにか活用しようという、色々なところで行われている対策です。

いやはやここから将来蕎麦屋を始める事になるとは、どこに人生の転機があるか分からないものですね。

また、裕康さんのご実家は兼業農家で、父の幸一さんが土木業の傍、畑を守っていました。

ですが、幸一さんは81歳で他界し、裕康さんが農業を継ぐ事になり、役場に勤めながら畑仕事もしていきます。

その中で、自分の育てた野菜と長年の趣味で打っていた蕎麦を提供する「農家レストラン」を始めようと考えたのだとか。

そこで、59歳の時に役場を早期退職し、自宅を改装。

2015年に「山里乃蕎麦家・拘留孫(くるそん)」をオープンしたのです!

店名は自宅の裏にそびえる「拘留孫岳」にちなんでつけたものだそうですよ。

裕康さんの蕎麦と、清子さんが作る自家製野菜の天ぷらや惣菜は非常に美味で、土日には順番待ちの行列ができるほどの人気店となりました!

ご主人の打つ蕎麦と自家製野菜の天ぷら…いいですねぇ!

考えただけでよだれが(笑)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

2.「山里乃蕎麦家・拘留孫(くるそん)の場所や営業日等

拘留孫の場所や営業日を調べました!

  • 住所:三重県いなべ市藤原町篠立771-2
  • 電話番号:0594-46-3181
  • 営業日:土・日・月・火曜日
  • 営業時間:11:30〜14:30(ランチのみ、売り切れ次第終了)
  • 定休日:水・木・金曜日

主なアクセス方法は以下の通りになります。

  • 最寄駅:三岐鉄道三岐線 西藤原駅(5.3km)
  • 高速道路:中央自動車道西宮線 関ヶ原ICより車で約40分(15.9km)

オススメは西藤原駅からタクシーに乗る事ですね!

約10分ほどで到着します。

駐車場もあるので車で行く事もできますが、お店の周辺の道路が狭いとの事なので、大きな車の方やこの辺りの道路に慣れていない方は、タクシーの方が良いかもしれません。

3.どんなメニューがあるの?

どのようなメニューが提供されているのかも気になりますよね!

調べてみると、

  • ざる蕎麦 800円
  • 蕎麦ランチ(ざる蕎麦、天ぷら、小鉢、デザート) 1000円
  • 蕎麦定食(ざる蕎麦、天ぷら、小鉢、ご飯、漬物、デザート) 1300円

などがあるようです。(値段は税抜きで、現在は変わっているかもしれません)

旬の野菜を使用する為、天ぷら等は日替わりになるとの事。

玄関に当日のメニューが置かれているようです。

また、自家製の蕎麦プリンや蕎麦アイスなどが提供される事もあるそうですよ!(以下は蕎麦プリンの写真です)

デザートまで蕎麦尽くしというのは、蕎麦好きにはたまりませんね(^^)

※メニューが変わっていたり、無かったりする可能性もありますのでご注意ください。

4.まとめ

蕎麦を打ち始めたのが52歳で、約10年でご自宅を改装し、夫婦で蕎麦屋を営む…

こんな生活も羨ましいなぁと思います。

僕も定年後は田舎でこんな生活を目指しましょうかね。

都会の喧騒とは違った、充実した日々を送れそうです。

松下さんご夫婦には、これからも美味しい蕎麦を打っていってほしいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です