茜ケ久保嘉代子の通名は狩野理沙!経歴や家族と門認定アドバイザーとは

7月2日に行われた東京都議選。

その結果は都民ファーストの会の圧勝という内容になり、55人の「小池チルドレン」が誕生する事になりました。

その「小池チルドレン」が粒揃いかといえばそうでは無く、怪しげな面子も含まれています。

そのうちの一人「茜ケ久保嘉代子(あかねがくぼ かよこ)」議員にスポットを当てたいと思います。

東大出身という経歴の裏に、「狩野理沙」という通名で活動していた過去があります。

その時の肩書きは「ライフリッチプロデューサー&門認定アドバイザー」というもの。

なんというか…怪しすぎます!

そこで今回は、茜ケ久保議員の経歴と家族構成、謎の肩書きの内容を調べてまとめていきます。

スポンサードリンク

1.茜ケ久保嘉代子議員の経歴

茜ケ久保議員は1975年生まれの41歳、福岡県久留米市の出身です。

地元福岡の高校を卒業後、1998年に東京大学農学部を卒業し、そのまま大学院に進みますが、1999年に中退しています。

その後は株式会社ヒューマンシステムという人材系のベンチャー企業や、日本アイビーエム株式会社等の外資系コンサルティングに勤め、さらにあのアマゾンジャパンでも働いています。

そして2015年より「Crystal Life」を創業し独立。

個人向けのセミナー企画の販売、コンサルティング、キャリアアドバイザーとして活動していたようです。

小池知事の「希望の塾」の塾生でもありました。

この経歴だけを見ると綺麗すぎるとも言えますね。

2.家族構成は?

家族には、外資系のコンサルティング会社勤務の夫と娘がいます。

そして義理の父に現群馬県議会議員の茜ヶ久保淑郎氏。

夫の叔父は参議院議員の故・茜ケ久保重光氏です。

政治家ファミリーというわけですね。

3.狩野理沙としての経歴

さて、2015年から独立して活動していた茜ケ久保氏。

その時の通名、そしてブログで用いていたペンネームが「狩野理沙」なのです。

狩野理沙が茜ケ久保氏が同一人物だというのは、2017年5月18日の週刊新潮の記事で、茜ケ久保氏自身が認めています。

当時のブログは削除済みで閲覧できませんが、一部キャッシュが残っているものがあります。

それが「女たちのライフリッチ」です。

ブログ運営者のところに「ライフリッチプロデューサー&門認定アドバイザー 狩野理沙」と書かれています。

4.門認定アドバイザーって何?

この門認定アドバイザーという肩書き、いかにも怪しい感じがしたので調べてみました。

「門」とは古来中国武将が戦に勝利するために活用していた戦略術を、現代の資本主義経済のビジネス用に発展させたものであるそうです。

「門学」と呼ばれ、華僑の経営者たちにも取り入れられているものだとか。

お金儲けに役立つ占いの一種のようで、この術を「門協会」という団体が提供し、アドバイザーを認定しています。

アドバイザー時代の、茜ケ久保氏の門鑑定サービスの料金は以下の通りです。

  • エコノミー 29,800円(+税)
  • スタンダード 49,800円(+税)
  • プレミアム(3か月ビジネスコンサル付き) 98,000円(+税)

こう言ってはなんですが、調べれば調べるほど怪しいです(笑)

ブログの内容を読んでみても、裏プロフィールだとか怪しさしか感じません。

アドバイザー認定をしている「門協会」という団体も、セミナー商法のようなことをしており、とても綺麗な団体とは思えません。

削除済みとはいえ「狩野理沙」の名を隠そうとはしてないという事は、このあたりを突っ込まれても特に何も無いのでしょうか?

5.まとめ

茜ケ久保嘉代子氏の経歴、過去の肩書き等についてまとめてみました。

学歴や家族構成だけを見れば、政治家として申し分無いように思います。

ですが、「狩野理沙」時代の活動内容を見ると、怪しさはぬぐえ切れません。

これから先、茜ケ久保氏に何かあれば、また記事を書こうと思います。

では今回はこの辺で失礼します!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です