後藤啓の経歴と家族は?鳴く虫研究社の年商(年収)と活動内容も調査!

本日9月12日放送の「マツコの知らない世界」で、「虫の音の世界」が取り上げられます。

そういえばそろそろコオロギやキリギリス、スズムシなんかが鳴き始める季節になって来ていますね。

日本人なら秋の風物詩として楽しみますが、外国人の方には雑音に感じるんだそうです。

外国の方が風情がないという訳ではなく、日本人特有の感じ方なんだとか。

これを「鳴く虫文化」と呼び、これに魅せられた男が「後藤啓」さん!

今回のマツコさんの案内役です!

今回はこの後藤啓さんについて調べてみる事にしました!

スポンサードリンク

1.後藤啓さんの経歴・プロフィール

まずは後藤啓さんのプロフィールから紹介します!

  • 名前:後藤啓(ごとう けい)
  • 年齢:58歳(1959年生まれ)
  • 出身地:大阪府
  • 趣味:昆虫採集、飼育、バードウォッチング

後藤さんは、6歳の頃から昆虫採集を始め、小学校低学年のうちから、キリギリス、エンマコオロギ、マツムシを飼育してきたそうです。

中学生になると、クサヒバリ、カンタンといった虫も飼育したのだとか。

後藤さんは現在も昆虫採集をしており、その回数なんと年間150回以上!

1年の3分の1以上は昆虫採集に行っているということですね!

現在自宅では、15種類1500匹以上の「鳴く虫」を飼育しているそうです。

そんな鳴く虫好きがこうじて、後藤さんは「鳴く虫研究社」という会社を作り、鳴く虫の販売等も行なっています!

会社まで作ってしまうとは…いやはや凄い鳴く虫好きですね!

また、後藤さんは「鳴く虫の捕り方・飼い方」という著書も出されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鳴く虫の捕り方・飼い方 [ 後藤 啓 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/9/12時点)

鳴く虫の採集方法について詳しく書かれているらしく、結構売れているのだとか。

飼育方法はともかく、採集方法についてはネットに情報が少ないこともあって、本の売れ行きを後押ししているみたいですね!

なかなかニッチなジャンルですが、だからこそ需要があったという訳でしょうか。

2.家族(妻・子供)はいるの?

後藤さんのご家族について調べてみましたが、奥さんやお子さんの情報はありませんでした。

現在58歳と、年齢的には結婚して奥さんとお子さん、お孫さんまでいてもおかしくはないので、多分結婚しているのではないでしょうか。

マツコの知らない世界の放送で、その辺りが明らかになるかもしれないですね!

でも、1500匹の虫を飼う男性と結婚するなら、かなりの虫好きでなくてはなりませんね(笑)

 女性にはちょっとハードルが高いかもしれませんw

3.鳴く虫研究社とは

鳴く虫研究社とは、後藤さんの鳴く虫好きから生まれた会社です!

主に、

  • 鳴く虫と飼育器具の販売と発送
  • 飼育方法の紹介
  • 鳴く虫採集体験会等のイベント

を行なっているようです。

特に鳴く虫の販売にはこだわりがあるようで、仕入れは行わずに、後藤さんが採集した行きの良い個体を送ってくれたり、その中でも片足が取れたり、羽がボロボロのものは逃すなど、虫に対する愛情と情熱が感じられるものとなっています!

また皆さん知っての通り、鳴く虫は大体が秋の虫ですよね。

そのため、天然の個体にこだわる鳴く虫研究社では、4月1日〜10月31日の間しか虫の販売をしていないようです。(2017年現在)

以下からホームページに飛べますので、詳しく知りたい方はそちらをどうぞ!

4.年収と年商は?

後藤さんの年収や、鳴く虫研究社の年商が気になります!

当然ですが、公表はされていませんでしたので、以下は予想になります。

まず、後藤さんの販売している虫は、一頭1000〜2000円程度となっています。

餌や飼育ケースも販売していますが、こちらも数百円〜2000円程度です。

正直、利益はほとんどないと言っても良いような値段設定かと思います。

趣味から始めた会社ですから、当然かもしれませんね。

後藤さんの著書である「鳴く虫の捕り方・飼い方」は、増刷される程売れているそうなので、こちらからの印税は、そこそこ大きいのではないかと思います。

ですが、それでも高収入とまでは行きそうにないですよね。

これらを総合して推測すると、おそらくは年収300〜500万程だと思われます。

多分、後藤さんは収入を気にするタイプではない方だと思うので、儲け等は考えていなさそうですよね。

鳴く虫の世界に浸れれば、それだけで幸せそうですから。

5.まとめ

鳴く虫研究社の「後藤啓」さんについてまとめました!

番組で後藤さんにどれだけスポットが当たるか分かりませんが、鳴く虫との暮らしぶりなど、色々明らかになる部分があると思います!

これからの季節の鳴く虫についても紹介されるでしょうし、久々に童心に帰って楽しめそうな内容になりそうです!

皆さん、子供時代を思い出して、昆虫採集に行ってみてはいかがでしょうか。

では今回はこの辺で失礼します!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です