渡邊和也(東京国際大)の経歴と出身高校は?日清食品退社の理由は何?

お正月の定番といえば、僕的には箱根駅伝が定番です。

子供の時はお笑い特番とか観てましたが、ちょっといい歳になってくると不思議と駅伝とかに興味が出てくるんですよ。

いつの頃からか毎年見るようになっていました(^^)

2018年の箱根駅伝に出場する選手の中で、特に気になる存在といえば「渡邊和也」選手!

東京国際大学の1年生ですが、彼は現在30歳!

社会人経験を経ての大学入学で、年齢的に一際目立つ存在となりました。

そんな彼のこれまでの経歴や、日清食品を退社してまで大学に入学した理由を調べてみました。

スポンサードリンク

1.渡邊和也選手の経歴・プロフィール

  • 名前:渡邊和也(わたなべ かずや)
  • 生年月日:1987年7月7日
  • 年齢:30歳
  • 出身地:兵庫県
  • 身長:172cm
  • 体重:54kg

渡邊和也選手は2017年で30歳になる、東京国際大学の1年生です。

中学時代から陸上を始め、高校卒業後は実業団で陸上をしていた選手でした。

全日本中学校選手権にも出場していた経験もあり、昔から陸上の才能を見せていた選手です。

高校卒業後はまず山陽特殊製鋼に入社し、第54回全日本実業団選手権ジュニア5000mで1位となり、その後の関西実業団駅伝では2区区間賞を獲得して、山陽特殊製鋼の優勝に貢献していました。

2010年6月の第94回日本選手権1500mで5位の記録を残したのち、山陽特殊製鋼を離れ四国電力へ入社。

この時から自身の登録名を「渡辺」から「渡邊」に変えています。

2013年2月には四国電力を退社し、日清食品グループへ移籍。

そして、2016年11月30日にツイッターで東京国際大学の入試に合格した事を発表し、2017年3月で日清食品グループを退社、現在に至ります。

大学入学後は箱根駅伝出場を目指していたそうですが、今回それが叶った事になりますね。

それにしても、箱根駅伝って年齢制限とか無いのかな?と思って調べてみると、過去には28歳までという規定があったみたいです。

現在は年齢に制限はなく、出場回数が4回までという規定があるとの事。

渡邊選手はもちろん今回が初出場です。

年齢こそ他の選手より上ですが、100mから10000mまで色々な距離を走って記録を残してきた選手なので、そのオールマイティーな能力と経験の差で、若い選手を圧倒するかもしれません!

2.自己記録

渡邊選手の自己記録をみていきましょう。

  • 1500m 3分38秒11(日本歴代2位)
  • 5000m 13分23秒15(日本歴代8位)
  • 10000m 27分47秒79

この記録を見ると堅実な実力者と言えると思います。

箱根駅伝でもこの実力を発揮して頂きたいものですね。

2016年頃までの主な成績は、以下のページをご覧ください↓

2.出身高校はどこ?

渡邊選手の出身高校を調べてみると「報徳学園高校」と分かりました!

兵庫県西宮市上大市にあり、二宮尊徳の教えを基本として創立100周年以上になる高校です。

陸上競技の強豪校であり、渡邊選手の一学年上には「木原真佐人」「竹澤健介」さんが在学していたようです。

また、高校駅伝での優勝経験が6回あるとの事でした。

3.日清食品退社の理由は?

渡邊選手が日清食品を退社してまで大学に入学した理由はなんなのでしょう?

調べてみると、渡邊選手は「将来的には指導者なりたい」と思っているとの事。

まだまだ現役を退くつもりはないみたいですが、将来的にいずれ引退した際、指導者としては大学を出ておかなくてはと考えたのだとか。

実力さえあれば良いと考えていないところに好感が持てますね!

この考えと実際に大学に進学した行動力だけをみても、指導者としての資質は十分と言って良いと思います!

4.まとめ

箱根駅伝の注目選手「渡邊和也」さんについて調べてみました。

基本的に若い選手がほとんどの箱根駅伝で、一回り近く年下の選手もいるでしょうから、渡邊選手には年の功で頑張って頂きたいところ…!

実力と経験を活かした、脂の乗った走りを見せて欲しいですね!

では、ここまでお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です