福田淳一事務次官にセクハラされたテレ朝女性社員は誰?名前や顔画像は?

福田淳一事務次官にセクハラ疑惑が持ち上がってから早数日…

最終的に辞任という形を取ってしまいましたね。

コチラの記事で書きましたが、まぁ予想通りの結果です(^^;)

事実かどうかというより、こんな疑惑が持ち上がる時点で政治家としてはアウトと言わざるを得ませんよね。

そして、あの音声を録音した、つまり福田事務次官にセクハラされた女性記者というのが、テレビ朝日の女性社員と判明しました!

その女性社員はテレ朝にもセクハラを訴えたのですが、なんと曖昧にされてもみ消された為、新潮に音声を提供したというんですね!

テレ朝も対応をマズった感じになりましたな…

今回はその女性社員の事について調べて見たいと思います。

スポンサードリンク

1.セクハラを受けた女性社員は誰なのか?

福田事務次官からセクハラを受けた女性記者というのが、テレビ朝日の女性社員であるということは判明しました。

この女性社員は取材目的で福田事務次官と1対1の会食を数回行い、その席でセクハラを度々受けていた為、会話の録音を始めたという事です。

この女性社員が新潮に提供した音声はコチラ↓

正直自分がこの女性の立場であったのなら、吐き気を催すレベルなんですが、彼女は体を張って取材しようと思ったのでしょうね。

この女性社員の名前等の情報を集めて見ましたが、テレビ朝日サイドとして、この女性社員の二次被害を防ぐ為、個人情報は非公開となっています!

致し方ない事ではありますが、この女性社員にセクハラについて話して欲しかったなと個人的には思いましたね。

偉い人たちが会見で話すのと、実際に被害にあった人が話すのではまた違ってきますから。

2.テレ朝のもみ消しについて

今回、週刊新潮によって福田事務次官のセクハラが報じられましたが、もともとテレ朝に被害の報告があったと言います。

しかし、女性社員が体を張って録音してきた音声という証拠があってしても、告発者の特定などに関わるとして、報道は難しいとテレ朝は判断。

そしてその後、単なるセクハラとしての対応もせず、女性の被害は曖昧に…

最終的には無かった事のようになり、もみ消されたかのようになってしまいました!

このまま女性社員が黙っていたら、それこそ今もセクハラが続いていたことでしょう。

このような対応をしてしまったことを、深く反省しているというテレ朝サイド。

実際に対応したのは直属の上司とかだと思いますが、もう後の祭りってやつです。

テレ朝はだいぶイメージを悪くしてしまいましたね(^^;)

今回の件で、セクハラや女性社員を軽視するような風潮があることを認めてしまったようなものですから。

3.テレビ朝日の会見の動画

以下はテレビ朝日の会見の様子です。

削除の可能性もありますので視聴はお早めにどうぞ!

簡潔にまとめますと、

  • 福田事務次官によるセクハラがあった事
  • 女性社員がセクハラの黙認を恐れ新潮へ音声提供をした事
  • 財務省へ抗議する方針である事
  • 女性記者の氏名等は公表しない事

などが語られています。

4.まとめ

福田事務次官にセクハラを受けた女性社員の勇気ある行動は、ジャーナリズム精神を感じますね。

こういう人の報道こそニュースで流れて欲しいものですが、色々な圧力でもみ消されるのが日常茶飯なのでしょうね。

こういう被害が氷山の一角なのかと思うと、なんとも言えない気持ちになります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です