【PS4】How to Survive 2 プレイ&攻略日記 その3

どうもSIONです。

ここのところ他のゲームに浮気したりして、How to Survive 2をほったらかしにしてしまっていましたw

ですがなんとかキャラクターとキャンプがLv.25に到達しました!

その途中でキャンプを引っ越ししたので、その経緯とLv.20コバックチャレンジについて書いていこうと思います。

スポンサードリンク

1.キャンプの引っ越し

1-1.安全地帯探し

僕はゲームを開始した時の初期地点(コバックからの最初のクエストが受けられる所)に色々な設備を集めて、その周りに壁を配置してキャンプにしていました。

が、それは大きなミステイク!

自分とキャンプのレベルが上がるにつれ、周りの敵がどんどん壁を破壊するようになり、極め付けには近くの崖の上からゾンビ化したクマが降ってきてキャンプを荒らされました…

その時初めてクマと戦ったので、こちらも倒されてしまいましたし(泣)

そこでキャンプの引っ越しを決意しマップをかなり探索したのですが、ちょうど良い場所を発見したので紹介しますね。

それは「コバックの信者がいる場所」です!

ここはもともと狭い空間になっており、入り口になる場所が一つしかないのです。

ですので、信者の周りにチェストや武器工房を設置して、入り口となる場所を固めれば、ゾンビの襲撃を受けた時も対応しやすいのです。

結構狭い場所ですが、チェストを始めとした設備は全て設置できます。

かなりぎゅうぎゅう詰めになってしまいますけどねw

ちなみに、キャンプを引っ越ししようとしたら信者の周りにゾンビがいる場合がありますが、チェストなどを設置すればその周囲にゾンビが湧かなくなるので、とりあえずゾンビを片付けて設備を配置してしまえば安全地帯になります。

僕はこれを最初知らなくて、ゾンビがいない場所を延々と探していましたw

1-2.引っ越しをする際の注意点

さていざキャンプを引っ越しするとなった時に、注意しなければならない事があります。

まず各設備は破壊するしかないという事。

設備を拡張していたとしても、そのまま移動は出来ません。

その場に残しても良いですが、目の届かない内にゾンビが寄ってきてしまうので、思い切って破壊していく事をオススメします。

一応つぎ込んだ素材の一部が地面に散らばりますので、回収して再利用しましょう。

そして、チェストを破壊するとチェストの中身が消滅するという事。

これが何よりも重要です。

僕も危うく全ての素材を失うところでした。

引っ越しにあたっては、先に新しいチェストを設置してせっせと運んでいくか、一旦コバックのチェストに移しましょう。

2.罠の設置

いつの間にやら罠が作れるようになっており、回転アームを大量配置しました。

雑魚ゾンビくらいならこれだけで倒せますし、たまにウサギも勝手に倒してくれて肉も回収できます。

ただ罠にも耐久値があるので、ほったらかしにしておくと結構壊されます。

特に爆発するデブゾンビには注意ですね。

倒せはしますが、死に際の爆発で耐久値を大きく減らされます。

罠も強化、修理ができるので、素材に余裕があれば気を配っておくのが良いでしょう。

ちなみに罠が壊されても、素材の一部がその場に残ります

回収して再利用すると無駄がないです。

また罠は、ゾンビが近くに来ると自動で作動しますが、プレイヤーがいようとお構いなしなので、巻き込まれないように注意しましょう。

3.Lv.20コバックチャレンジ

Lv.20コバックチャレンジは、もちろんLv.10の時より厳しい…と思っていたのですが、上記の通りキャンプを移動し罠を配置したおかげで、ほとんど戦わずにクリアしました!

自分で倒したのは、罠をくぐり抜けてきたゾンビを2〜3体だけです。

罠がいくつか壊されてしまいましたが、それでも十分な戦果でしたね。

4.最後に

キャンプの引っ越しからコバックチャレンジまではこんな感じでした。

クマゾンビが本当に強かった(泣)

そしてLv.25になって、またコバックチャレンジが発生しています。

今後は5レベルごとになるのかと少々面倒に思いつつも、強い武器を沢山手に入れたので、それを振るう機会が出来たので楽しみにも思っています。

今度の更新ではLv.25までで手に入れた武器について書こうと思います。

ではでは今回はこの辺で失礼します!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です