荒井広宙(ひろおき)の経歴と成績!世界陸上ロンドンではメダル確実!

盛り上がりを見せている世界陸上2017ロンドン。

競歩でのメダルが確実と言われている「荒井広宙(あらい ひろおき)」選手についてご紹介します。

彼はリオオリンピック50km競歩の銅メダリストであり、日本競歩界初のメダリストとなった人物です!

そんな彼の今回の活躍を前にして現在までの経歴と戦績を振り返りたいと思います。

スポンサードリンク

1.荒井選手の経歴

まずは簡単にプロフィールをどうぞ

  • 名前:荒井広宙(あらい ひろおき)
  • 生年月日:1988年5月18日(現在29歳)
  • 出身地:長野県上高井郡小布施町
  • 出身大学:福井工業大学
  • 身長:180cm
  • 体重:62kg
  • 種目:競歩
  • 所属:自衛隊体育学校

中野実業高校2年生の時に競歩を始め、福井工業大学卒業後、民間ホテルに就職しつつも協議を続け、2011年世界陸上の競歩50kmに出場。

2013年には自衛隊体育学校に所属し、2015年世界陸上競技選手権大会50kmで4位入賞を果たしました。

2016年のリオオリンピックでは、50km競歩日本代表として、日本競歩界初の銅メダルを獲得しました。

この時一度はカナダの選手との接触で失格になりかけましたが、抗議が認められメダルの獲得となりました。

2.成績

主な成績は以下の通りです。

  • 世界陸上2011大邱:50km競歩 10位
  • 世界陸上2013モスクワ:50km競歩 11位
  • 世界陸上2015北京:50km競歩 4位
  • リオデジャネイロオリンピック:50km競歩 3位

※追記
世界陸上2017ロンドン:50km競歩 2位

3.世界陸上ロンドンではメダル確実!?

今回の世界陸上ではメダルが確実と言われています。

その理由は今までの各国のメダル候補が不在で、彼が必然的にトップクラスの選手となっているからです。

日本の小林快選手、丸尾知司選手もメダルが獲得できる可能性が高いです。

前回が銅メダルだったので、今回はさらに上を目指してして欲しいところですね!

※追記
世界陸上2017ロンドン50km競歩で、2位となり銀メダルを獲得されました!

おめでとうございます!

4.まとめ

競歩50kmの「荒井広宙」選手についてまとめました。

日本の競歩界の発展に大きな貢献をしてくれている選手だと思います。

これからの活躍も期待出来る若さですし、どんどん記録を伸ばしていって欲しいですね!

では今回はこの辺で失礼します!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です