高畠エナガの経歴や本名は?連載中の漫画や代表作と家族構成を調査

訃報です。

漫画家の高畠エナガさんが今年2017年8月21日に28歳で亡くなっていた事が明らかにされました。

死因は脳梗塞でした。

家族からの報告を受け、日本漫画協会が発表する事になったとの事。

若い漫画家が亡くなるというのは非常に残念ですね。

現在連載中だった漫画もあり、途中で終わってしまう事が惜しまれます。

亡くなった高畠エナガさんの事を知らない人もいるかと思うので、経歴や作品を振り返りたいと思います。

スポンサードリンク

1.高畠エナガの経歴・プロフィール

  • 名前:高畠エナガ(たかばたけ)
  • 生年月日:1989年3月21日
  • 没日:2017年8月21日(満28歳)
  • 住居:大阪府箕面市在住
  • 学歴・出身大学:成安造形大学卒業

中学生の頃からネット上でGIFアニメを作り始め、高校生の時「会長エナガ」のペンネームで漫画をWeb上で公開します。

本名を調べてみたのですが、明らかにしていないようでした。

2008年に短編漫画「我が家が一番!」で「デジタルコミック対象2008」の準大賞を受賞。

その後「ZELBESTY」が集英社の編集者に評価され、ジャンプスクエアの2011年11月号の特別付録漫画「Reversi」でデビューしました。

学生の頃から創作活動をしていた、非常に才能溢れる方だったという訳です。

今回、死因は脳梗塞という事ですが、漫画家ゆえに夜更かしや徹夜といった生活スタイルが祟ったのでしょうか。

直近まで更新されていたツイッターでは、人間ドックに行った事をつぶやいていましたが、脳梗塞の前兆のようなものは発見されなかったのかも気になります。

2.代表作

高畠エナガ先生の代表作をまとめてみました。

◎連載
  • 「Vippers」週刊ヤングVIP 2005〜2007年
  • 「鉄鋼甲冑 サムライ」週刊ヤングVIP 2007年〜連載休止中
  • 「閃光のライトニングハイド」週刊ヤングVIP 2009年〜連載休止中
  • 「ZELBESTY」2011年〜連載中
  • 「100-HANDRED」スーパーダッシュ&ゴー!2012年6月号〜2012年10月号
  • 「人魚の花籠」スーパーダッシュ&ゴー!2013年2月号〜4月号 連載休止中
  • 「GODSPEED」ミラクルジャンプ2014年9月号〜2015年6月号
◎読切
  • 「創造建築子」月刊コミックニート 2008年
  • 「Reversi」ジャンプスクエア 2011年11月号特別付録
  • 「Bonus Gamer Coming out!」スーパーダッシュ&ゴー! 2012年12月号
  • 「女装兄弟」スーパーダッシュ&ゴー! 2012年12月号
◎短編集
  • Latin 高畠エナガ短編集1 2012年4月25日発行
  • 100-HANDRED- 高畠エナガ短編集2 2012年12月19日発行

こうしてみると、年齢の割にかなり作品が多いですね。

連載休止中のものが多いですが、これらの作品がもう続かないと思うと残念でなりません。

連載中だった「ZELBESTY」も完結する事なく、終了になりファンは悲しむでしょうね。

もっと多くの作品を世に送り出して欲しかった才能の持ち主です…

3.家族(妻や子供、両親)は?

高畠エナガさんの家族構成について調べてみました。

調べたところ、結婚している等の情報、妻や子供がいるといった情報がなかったので、ご両親がいるのみだと思われます。

今回すでに近親者で葬儀が済んでいるという事ですので、おそらくはご両親と親戚の間で行われたのでしょう。

28歳の子供の親ですから、まだそんなに歳はとっていないはずです。

自分の子供がこんなに若く亡くなった事の悲しみは察するに余りあります…

4.まとめ

亡くなった高畠エナガさんについてまとめました。

若くして亡くなってしまったのは非常に残念ですが、その作品は一生残り続けます。

これからも多くの人に読まれ、楽しまれていく事でしょう。

高畠さんの漫画を読む事が、一番の供養なのかもしれません。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です