土佐文旦の食べ方や旬とは?ムッキーちゃんとお取り寄せ(通販)の値段も!

マツコの知らない世界で取り上げられた「土佐文旦」が美味しそうでしたね!

ちょっとミカンとは違う感じで、見た目はグレープフルーツっぽいかなと思いました。

各地で雪も降った事ですし、コタツでいただきたいところです(^^)

土佐文旦も気になりましたが、あの「ムッキーちゃん」という皮むき機も便利そうで気になりました!

あんなアイテムがあるんですね〜。

それぞれ調べてみる事にしました!

スポンサードリンク

1.文旦とは?旬はいつ?

文旦とは柑橘類の一種で、和名はザボンといいます。

番組に出ていた土佐文旦を始め、日本の文旦の90%が高知県で生産されているとのこと。

原産国は東南アジアや中国南部、台湾で、日本には江戸時代に入ってきたものです。

ミカン科ミカン属に属するのでミカンの一種ではありますが、だいぶ色とか大きさが違う感じですよね。

一般的なミカンと比べると非常に大きく、500g〜2kgにまで成長するものもあるとか。

皮の厚みも特徴的で、全体の50%を占めるほど!

果汁は少なめですが、独特の甘みと風味のある果肉が美味しいそうです(^q^)

採取したては酸味が強いので、数ヶ月貯蔵して酸味を減らしてから出荷されるのが一般的とのこと。

ちなみに、グレープフルーツや夏ミカン、ハッサクなどの柑橘類は、文旦と交配されて生み出されたものなんだとか!

どうりで似ているはずですね!

文旦の収穫時期は12〜1月頃で、4月くらいまでが旬になるそうです。

収穫後の熟成度合いによって、酸味の強さやシャキシャキ加減、甘さが変わってくるのを楽しめるとのことですよ(^^)

2.食べ方とムッキーちゃんの使い方

番組でも出ていましたが見逃した方もいると思うので、文旦の食べ方を調べてみました。

前述の通り非常に皮が厚いですから、ちゃんとした剥き方を知らなくては食べられません。

ムッキーちゃんを使った動画がありましたので実際にどうぞ↓

皮は厚めですが、簡単に剥けるんですね。

このムッキーちゃんは他の柑橘類にも使えて便利そう(^^)

果物ナイフを使った剥き方はコチラ↓

慣れれば5分とかからず剥けるようになるそうですよ。

3.お取り寄せや通販情報!価格は?

マツコの知らない世界で紹介されていたのは「白木果樹園」さんの土佐文旦です。

価格はサイズや量にもよりますが、2000〜8000円ほどになります。

大きいサイズの方が貴重なため、高めになっているみたいですね。

小さいサイズは、それはそれで味がギュッと締まっていて美味しいみたいですよ♪

お得な価格の訳あり品もあるようです↓

白木果樹園のロゴ入り「ムッキーちゃん」も売っていますw↓

上記以外の商品は以下のバナーからどうぞ↓

4.まとめ

マツコの知らない世界で取り上げられた、土佐文旦について調べて見ました!

やっぱりこの時期は柑橘類が食べたくなりますよね〜(^^)

皆さんもたまには普通のミカンではなく、土佐文旦食べてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です